<震災復興支援>

一人の人間として自分にできることを。

そう思い、2012年より東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町の小学校へ毎年のように夏期講習の教育ボランティアへ行っています。

そして2016年、震災から5年後の東北の現状を自分の目で見るため、また現状を全国に知ってもらうため、

SNSで現状を伝えながら、テントを背負い釜石から仙台まで200kmを走って縦断しました。

海岸沿いに住むたくさんの方々と出会い話を伺う中で、家族や財産、仕事、全て無くなった時にでも残る、

人間にとって一番大切なものは「人のつながり」であることを教えてもらいました。

      

 

また、この「人のつながり」は国境を越えたものであり、次世代にこのつながりを残すことの大切さを知りました。

例えば台湾。台湾は東日本大震災への義援金として200億円を寄付、そしてたくさんの方々が応援・支援に駆け付けてくれたことを被災地の方々に教えてもらいました。

そんな矢先に台湾の花蓮市で大震災が起きました。

自分にできることは、走ること。

被災地へ赴き、GPS-Run『日本♡台湾』『花蓮加油(がんばれ!)』を通して花蓮市の復興状況を発信するとともに、台湾の方々へ応援メッセージを伝える活動を実施しました。

その様子が複数の現地メディアに取り上げられ、自身のfacebookページ『GPS-Run for SMILE』には35万人の台湾の方々にアクセスして頂き、思いを広く伝えることができました。

台湾の温かい皆様に感謝致します。

<台湾のニュース>⇒こちらをクリック

 

  

 

また、より多くの台湾の方々にそのメッセージを伝えたいという思いから、メッセージを自転車にくくりつけ、台湾1周(1000km)を走りました。台湾全土に「東日本大震災の時の感謝」と「被災地への応援」の気持ちを伝え、被災地の花蓮市では市長の魏嘉賢さんと台日友好会見をさせて頂きました。

<台湾のニュース>⇒こちらをクリック

 

     

 

こうしてできた国境を越えた「人のつながり」、困ったときはお互いに助け合う精神は、復興支援にとどまらず、人間が生きていくうえで最も大切なものであり、子どもたちに残していかなければならないものだと考えます。

これからも“GPS-Run”という自分にできる形で思いを込めて、日本中・世界中を走り続けようと思います。

志水直樹